私がこれまで住んできた賃貸物件について

賃貸住宅を解約するさいに起こるトラブルとして敷金の返却があります。このトラブルはとても多いのです。

私がこれまで住んできた賃貸物件について

賃貸住宅の敷金のトラブルについて

賃貸住宅を借りる方は、やはり立地条件や建物の賃貸料、またはその部屋の広さなどに悩むと思います。しかし、ほんとうに頭を悩ませてしまうのは、退去時に集中しているのです。退去時の問題とは、家主とのトラブルによるもので、つまり敷金の清算にあるのです。賃貸住宅を借りたことがある方は経験があると思うのですが、せっかく入居時に支払った敷金が退去時に一切返ってこなかったということです。それだけならよく、追加で金額を請求されたというケースもたくさんあります。

敷金とは、預けたお金という認識が入居者には強く、当然退去時には返してもらえると思いがちです。しかし、期待通りにそのお金が返ってくることはほんとうに珍しいケースだと言えます。なぜなら、その敷金とは原状回復を行って初めて返ってくるというものだからです。賃貸住宅を借りるさいには、原状回復義務というものが発生します。つまり、借りた状態をほぼそのままに保った状態で家主に返すという義務なのです。普段の生活を送っているだけでなんらかの傷などは間違いなく付くものです。

しかし、ここで注意が必要なのは普段の生活をすることで生じる自然磨耗については家主が負担しなければならないということなのです。つまり、日焼けなどで出来た壁紙の劣化や、畳がこすれた跡などは普通の生活で起こることなので、借主が負担する必要は全くないのです。