私がこれまで住んできた賃貸物件について

賃貸住宅を契約するさいに注意が必要なのが火災保険と家財保険の確認です。自分でしっかり管理することが大切です。

私がこれまで住んできた賃貸物件について

賃貸住宅の火災保険等について

賃貸住宅を借りるさいに、よく聞く質問として賃貸でも火災保険等に加入しなければならないかどうかです。基本的に、賃貸住宅であっても家財等は自分自身で守るのが基本になってきます。こういった意識を持っている方が少ないので、賃貸住宅を契約するさいに火災保険の加入を進められ戸惑う人が多いのです。

賃貸住宅を契約するさいに、約1万円から2万円の保険料として支払うケースが多いです。建物の契約と一緒に行うことが多く、その流れで契約をするので保険に加入しているかどうかを覚えている方が少ないのが現状です。一般的には家財火災保険と、借家人賠償責任補償がセットになっていると思います。また、賃貸をする建物自体については家主が火災保険に加入しています。つまり、建物自体は家主の物ですが、後から運び入れた家財については自分で管理しなければならないということなのです。万が一火災が発生した場合、建物自体は家主の管理のもと火災保険を使い処理されますが、建物の中にあった家財については保険をかけていない場合一切対象とならないのです。

このような説明を聞くと、誰もがしっかり家財保険に加入しておかなければならないと認識すると思います。しかし、しっかりした説明がないまま契約をしてしまうことがあるので注意が必要なのです。