私がこれまで住んできた賃貸物件について

賃貸住宅は基本的にはリフォーム禁止ですが、壁紙などは家主の許可をしっかり得ることでリフォームは可能です。

私がこれまで住んできた賃貸物件について

賃貸住宅のリフォームについて

賃貸住宅を自分でリフォームしたことがありますか。賃貸住宅は、基本的には家主の許可なくリフォームをすることは許されません。当然、その賃貸住宅を解約するさいには、借りた状態を維持して退出しなければならないからです。しかし、簡単なリフォームであれば簡単に許可を得ることができる場合があります。それは、壁紙や照明、電装品など生活には欠かせいと思われる物については、家主に確信したうえでリフォームを行うことができるのです。

では、どのような方法で簡単なリフォームを行うのでしょうか。まず、壁紙についてはプロの施工で行うことをお勧めします。立地条件や金額など、とても良い条件の賃貸住宅だが、もともとの壁紙の色や形状が気にいらないと言った意見が多くあるのですが、よく見かけるリフォームの失敗として自分で施工を行ってしまったということです。自分で行うと一見奇麗に仕上がっているように見えても、時間がたつに従って波打ってきたり割れが生じてきたりします。

許可を得て壁紙をリフォームする場合は、次に借りる方でも使えるようにしっかりプロに任せることをお勧めします。また、電装品などは自分が好むものに交換するという許可はそれほど難しいことはありません。今よりも良いものを導入する場合は、家主の許可も得やすいと言えます。