私がこれまで住んできた賃貸物件について

賃貸マンションというのは、借りるときにはどうしてもお金がかかることになります。それは覚悟しておくことです。

私がこれまで住んできた賃貸物件について

賃貸マンションというのは

賃貸マンションというものは、借りるときにそれなりにお金がかかることになります。具体的にいいますと、敷金と礼金がかかるのです。まず、敷金というのは、原状回復代であるものです。原状回復というのは、返すときに直すことをいいます。これは義務ではあるのですが、実は揉めることがあります。何故かといいますとどのくらいの汚れを直すべきか、ということで揉めます。経年劣化の部分は必要ない、ということになっているのですが、それがどのくらいなのかが難しい問題であるからです。ですから、しっかりと入居の際には写真を撮っておくことです。それで最初からどのくらいの汚れがあったのか、ということを証明をすることができるのです。これには凡そ、凡そ、一ヶ月くらいの家賃分くらいのお金がかかることになります。ですから、覚悟しておく必要があります。

また、礼金と言うものも支払う必要があります。この礼金というものは、単純なお礼のお金ですから、基本的には借り手側にもメリットがありませんが、それでも支払う必要がある以上は支払うしかないのです。それをよく理解しておくべきです。ちなみに更新時期というのがあって、更新料なんかも支払うことになります。