私がこれまで住んできた賃貸物件について

賃貸は、お風呂とトイレの作りが重要です。一緒になっているものと、別になっているものがあります。

私がこれまで住んできた賃貸物件について

賃貸はバストイレの作りが重要です

賃貸を選ぶ時迷うのが、お風呂とトイレのつくりではないでしょうか。少し安い、築年数の古い部屋だと、お風呂とトイレが一緒になったものが多いです。その分部屋が広く取れるので、お風呂とトイレがコンパクトになっているのです。もしシェアしたりするなら、お風呂とトイレが一緒になっていると不便ですし、友達を頻繁に呼ぶにも不便です。帰って寝るだけ、なるべく家賃は安いほうがいい、あまりお風呂もこだわらない、というなら、バストイレが一緒になっていてもいいかもしれません。わたしの友人は、バストイレが一緒になっている部屋に住んでいますが、ちょっとした不便も楽しんでいるようです。何よりシャワーで丸洗いできるので掃除が楽と言っていました。

落ち着いてお風呂に入りたい、ビジネスホテルのようで気が休まらない、というなら、別のほうがいいでしょう。また、かけ湯をして、洗い場で体を洗って、という、昔ながらの日本式のお風呂の入り方をしたいなら、いわゆるユニットバスは不便でしょう。普段のお風呂はシャワーでさっとすませて、お風呂につかりたい時には近所の銭湯に行く、というのも手です。自分のライフスタイル、こだわりに会わせてチョイスしましょう。