私がこれまで住んできた賃貸物件について

不動産屋さんは賃貸物件を紹介するときは、きちんと戦略を練っています。お客様のためにもなる戦略です。

私がこれまで住んできた賃貸物件について

賃貸物件の契約を成立させるための戦略

賃貸物件を取り扱っている不動産屋さんとしては、契約をしてもらって仲介手数料を手に入れたいわけです。ですから、契約を成立させるために戦略を練っています。ただ単に借りてくださいと言っても逆効果なのです。物件を借りたい人は、自分にとって良い物件を借りたいのであって、不動産屋さんを儲けさせたいわけではありません。ですから、まずはお客様の気持ちになって、どのような物件を紹介すると喜ばれるかを考えるのです。契約してもらえそうな物件があったとしても、すぐにはその物件を紹介しません。なぜなら、最初に紹介してしまうと、もっと良い物件があるのではないかと思われてしまうからです。

賃貸物件を紹介するときは、まず予算を訊きます。いくら良い物件でも、予算がオーバーしていると借りることができないからです。しかし、あえてまずは予算オーバーの物件を紹介するのです。とても良いけれど、予算オーバーなので借りられないということであきらめてもらいます。次に、家賃は安いけれど内装が良くない所を紹介します。やはり、安くても内装が良くないと契約してもらえません。最後に予算内であり、内装も2番目の所よりも良い物件を紹介するのです。そうすると、これが現実的に良い所だという判断をしてもらえるので契約につながるのです。