私がこれまで住んできた賃貸物件について

賃貸物件に入居開始する時には、何かとお金がかかります。できるだけ安く入居するために知っておきたいこと。

私がこれまで住んできた賃貸物件について

賃貸物件に入居開始する時にはお金がかかる

賃貸物件に入居を開始するためには、様々な費用が発生します。引越しにかかる費用というのもかなりの負担になります。しかしながら、引越しは時期を選ぶと非常に安く行うことができるのです。安く引越しをするためには、引越し業者の閑散期の平日を狙うことです。引越し業者の閑散期は6月〜8月、12月〜1月が主となります。繁忙期であっても平日なら比較的料金が安く設定されているケースが多いので、平日を選んで費用を軽減することもできます。いくつかの引っ越し業者の見積もりをとって、比較して選ぶことが大切です。

また、新生活に必要な家具や家電は、リサイクルショップで安く購入できます。単身時期が短い場合では、レンタルを利用するという手もあります。次の引っ越し時期がすぐに訪れる予定の人では、レンタルを利用する以外にも、家具付き物件で初期費用を抑えることもできます。他にも敷金を交渉して安くしてもらえる場合もあります。人気がある物件だと難しいのですが、なかなか入居者が決まらない物件などでは、オーナーと交渉して敷金を安くしてもらえるケースがあります。この場合の家賃交渉は、オーナーの物件を管理している不動産業者の担当者を経由して行います。