私がこれまで住んできた賃貸物件について

賃貸物件などを借りるさいに注意が必要なのが、連帯保証人です。その役割などをしっかり理解しておくことが大切です。

私がこれまで住んできた賃貸物件について

賃貸物件を借りるさいの連帯保証人の役割について

賃貸物件を借りるさいに、まず間違いなく求められることは、借主からの連帯保証人です。よく聞く名前だと思いますが、この連帯保証人と保証人の違いを理解している方は少ないのではないでしょうか。この保証人と聞くと、賃貸物件の家賃を支払うことができない状態に陥った場合に、その借主の変わりに家賃を支払う人というイメージを持っていると思います。

しかし、重要なのはその役割とどこまでの権利が主張できるかといった点です。その違いをしっかり理解しておくことで、トラブルも回避できるでしょう。まず。連帯保証人ですが、例えば家賃の滞納が発生した場合、必ず借主の変わりに家賃を支払わなければなりません。保証人の場合は、滞納しているのは借主なので借主に請求してくださいと言える権利があるのに対して、連帯保証人はこういった発言を許してくれないのです。まさに、借主と同じ立場と連帯保証人は言えるのです。

また、連帯保証人の場合、借主が家賃の滞納分に相当する財産を他に持っていても、家賃の滞納分は連帯保証人が支払うことになります。これが最もトラブルが多いと言われていることで、金額の支払いについてはあくまでも財産からではなく、まずはその滞納分の家賃を現金で支払うことができる連帯保証人が支払うことが先決になるのです。