私がこれまで住んできた賃貸物件について

賃貸住宅の空き家率がとても高くなっています。立地条件に左右されやすいのが賃貸住宅の特徴なのです。

私がこれまで住んできた賃貸物件について

賃貸住宅の空き家について

皆さんは賃貸住宅に興味はありますか。新築で戸建てを購入したり、マンションを購入したいが今は予算的に無理だと考えている方は賃貸住宅を選ぶという選択肢になるかもしれません。また、子供が増えてくるとどうしてもアパートでは狭いと感じ、賃貸住宅を借りているという方もたくさんいると思います。

しかし、今この賃貸住宅の空き家がとても多くなっています。とくに地方に行けば行くほどこの空き家率は高くなる傾向にあります。もともとは、人が住んでいた住宅を事情により賃貸で他の人に貸そうとしても借り手が見つからず、維持していくこともできないまま建物が劣化していくということが多くあるのです。地方にこのような傾向にあるのは、立地条件の問題があります。人が住む場所として、最も重視される点として、立地条件というものがあります。できる限り歩いて買い物に行けたり、病院が近くにあることや、学校が歩いていける距離など、立地条件が確保されればその場所は大人気の賃貸物件になるほどなのです。

地方の物件をもともと住んでいた方が賃貸に出す理由として、この立地条件が理由で手放しているわけですから、当然だれも借り手が見つからないといったことになってしまうのです。